孫社長「これからの若者は英語を第1言語にしないといけない。」 #孫正義育英財団

わたくしの本音をズバリと語って下さった、

ご存知ソフトバンク創業者孫正義社長のお言葉。

昨年育英財団を設立されました。

孫社長の個人資産を財源とし、生徒、

学生を対象に、学費や留学資金を無償提供する

返済義務のない奨学金なんだそうです。

詳しくは、

孫社長、山中教授が檄「若者はすぐ渡米せよ」 異能の若者を支援、返済不要の奨学金が発足

にあります。

その中で、

若者は英語を第一言語にしないといけない、

と話されてます。
わたくしレベルが

言っても伝わらないですが笑

孫正義社長が仰ると実に重みありますね。
最近すごい感じてること、 #日本語はオワコン (^^;;

にもあるように、私の英語教育、

バイリンガル育成の根底にあるのは

まさにその考えですし。
バイリンガルが最終目標ではなく、

英語で学び英語で何かやっていくため、が

目標なわけですしね。
かといって、以前ほど英語英語!は

してませんが笑。
実際、4歳末子次男は

たいした英語教育はさせて

ませんが、それも長男通してさじ加減

が見えたから今そうしてます。
ってでも、最近知育より体力!

という傾向でてきてますよねー
スポ根幼稚園と言われる笑次男の園は、

2年先まで入学希望者で

イッパイだし、トーマツとかいろいろな学習塾が

低年齢のスポーツ塾みたいなのはじめてますね。
ブログまだ書いてないけど、先日のあんふぁん

イベントで流行りはロボット、プログラミング、

体操系教室が出展してました。
私って実に時代先読みしてるわー笑なんて

思ったりするんですが笑笑。

またその辺りは別途書こうと思います。